新入局員の声

新入局員の声

北坂 七瀬

私は、前期研究医として大阪市立大学消化器内科学に入局しました北坂七瀬と申します。
もともと学生の頃より消化器疾患には興味がありましたが、実際に臨床の現場で若手から上級医の先生方が熱心かつ楽しそうに仕事をしている姿を見て、この病院で消化器内科になることを決めました。初めは不安でいっぱいでしたが、頼れる先生方、同期に沢山恵まれ充実した毎日を過ごしています。自分の手技の向上と楽しい後輩たちが引き続き入局していただけるように毎日頑張っていきたいと思います。

岡原 一樹

私は2018年度に大阪市立大学消化器内科学に入局させていただきました岡原一樹と申します。
私は大阪出身ですが、出身大学や研修病院も大阪市立大学ではありません。元々消化器内科に興味があり、入局説明会などで多くの先生の話を聞き、医局の雰囲気や新内科専門医制度に対応した充実した後期研修のシステムがあることから入局を決めました。
入局して約1ヶ月が経ちましたが、非常に楽しく充実した毎日を過ごしております。

金森 厚志

2018年度入局致しました金森厚志です。2年間の初期研修の後、4年間大阪府済生会中津病院に勤務し、消化器領域を中心とした臨床を幅広く勉強させていただきました。大学では少しでも多くの知識、技術を吸収し、患者さんに還元できるよう、診療および研究に取り組んでいきたいと思っておりますので、どうぞ宜しくお願い致します。

和田 嵩史

平成30年度に前期研究医として消化器内科に入局させていただきました和田嵩史と申します。元々、消化器内科への興味があり、前期研修医で南大阪病院と大阪市立大学で消化器内科をローテートしました。その中で、先生方の熱心な御指導や患者さんとの関わりを通じて、内視鏡の楽しさなど消化器内科への魅力をより感じ、入局しました。実際に入局してみると、医局は他大学出身の先生も多く、雰囲気の良い医局で充実した日々を過ごしています。

START TYPING AND PRESS ENTER TO SEARCH