研究医の声

研究医の声

田中 智恵子

入局を考えている先生方へのメッセージ

私は1年目 南大阪病院、2年目 大学病院、3年目前半 浅香山病院、後半 大学病院と色々な病院で研修しました。初期研修を始めた当初は他科志望でしたが、ローテートの中で内視鏡手技に興味を持ちました。市大消化器内科は大学・市中病院どちらも医局全体として先生方が優しく、また指導熱心な方が多いと感じます。大学病院・市中病院どちらでも研修できるため、コモンな疾患から専門性の高いものまで幅広く学べるのが強みだと思います。学年の近い先生が多く相談しやすい環境で安心して研修できるのも利点です。私は他大出身のため、市大出身者と区別されるのではないかと心配していましたがそんなことは全くありません。女医の先生方も大勢おられます。興味があるなら、百聞は一見にしかずです。是非見学に来て雰囲気を感じてみてください!

水野 雄貴

2017年度より消化器内科に入局いたしました水野雄貴と申します。初期研修一年目は東住吉森本病院、二年目は大阪市立大学医学部附属病院で研修させていただきました。入局後の3年目の一年間は、引き続き、大阪市立大学医学部附属病院で勤務させていただきました。大学病院での研修では、市中病院ではあまり経験できないような疾患を学ぶことができました。例えば、消化器癌に対する化学療法や、炎症性腸疾患の薬物治療などです。大学で研修するからこそ、出会える症例もあり、非常に勉強になりました。また、3年目の3ヶ月の間、救命救急センターで3次救急や集中治療を学ぶ危機対応プログラムへ参加させていただきました。気管挿管などを含めた急変時の対応を学ぶことができました。

消化器内科は内視鏡検査を中心とした日々ですが、化学療法や肝胆膵の疾患も扱うこともあり、多様性が魅力的な科です。日々の診療が楽しいと実感しております。今は市中病院での勤務ですが、機会があれば、大学でもう一度勤務してみたいと思います。

森口 明宣

2017年度消化器内科入局の森口明宣です。私は市中病院と大学での1年ずつの初期研修を経験したのち、消化器内科に入局しました。入局してからも、1年間の前後半で市中病院と大学病院での勤務がありました。この3年間は比較的短期間で職場の変化がありましたが、そのような状況下で、大学病院での研修の特徴を明確に意識することになりました。まず市中病院では、Common diseaseを中心に専門科以外も含めた症例を担当しており、さらに加えて専門科としての日々の検査治療なども並行して行う必要がありました。そのため専門科以外の内科的な基礎知識や技能、雑多な情報の中から重要なものを選択するスキルなどを習得することなどを学びました。それに対して大学では、より専門性の高い症例に集中して診療を行い、またより専門性の高い、大学でしか行えないような検査治療などに多く参加させていただきました。さらにカンファレンスなどによる、医療者間での情報の共有や、教育指導体制についてもより充実している印象でした。以前はスルーしていたような疾患の考え方、最新の基準や治療法について教えていただき、さらに自分でそれらの情報をキャッチしていく習慣を身に着けるきっかけになったと思います。3年という比較的短い期間の中で、大学での診療に参加できたことは、今後医師として活動していく上で非常に重要なことを学ぶ良い機会となりました。2018年度からは再び市中病院での勤務となりますが、これまでの経験を活かして頑張って行こうと考えています。最後になりますが、医師になりたての右も左も分かっていなかった私に、根気強く丁寧にご指導いただき、本当にありがとうございました。

 

平野 慎二

私は2016年度に大阪市立大学消化器内科学に入局致しました平野慎二と申します。

大阪出身ですが、出身大学は異なり、研修もこちらで行っておりません。見学をさせて頂き、医局長の先生と面談し、働きやすそうな環境と考え、入局を決めました。実際に入局すると、話を聞いていた通りで、各先生方は多様な価値観をお持ちで、閉塞感は感じず、懐の深い医局だなと思います。

北田 峻平

平成28年に前期研究医として消化器内科に入局させていただきました北田峻平と申します。学生時代より消化器分野、特に内視鏡検査や内視鏡治療に関心を持っておりましたが、1年目2年目ともに大阪市立大学の消化器内科をローテートし、先生方に熱心に御指導していただき大変充実した日々を過ごすことができました。消化器領域への興味がより強くなり、入局を決意しました。医局員は私も含め他大学出身の先生も非常に多いですが、先輩後輩問わず非常に仲が良く、充実した毎日を過ごしております。

前田(西村)夏美

私は大阪市立大学出身で、初期臨床研修は東住吉森本病院と大学病院でした。元々他科志望でしたが、内科医としての患者さんとの関わり合いや内視鏡に魅力を感じ、また居心地の良さを感じて入局しました。3年目は大学病院、4年目は南大阪病院で勤務し、早い時期から積極的に内視鏡検査・治療を経験させて頂き、消化器内科医として充実した日々を過ごしています。面倒見の良い先生方が多く、女性医師も多い、明るい医局だと思います。1人でも多くの後輩とご一緒できることを楽しみにしています!

START TYPING AND PRESS ENTER TO SEARCH