好酸球性食道炎と無症候性食道好酸球浸潤の病態比較解析

疫学(臨床)研究実施についてのお知らせ

大阪市立大学大学院医学研究科
消化器内科学

承認番号

4141

研究課題名

好酸球性食道炎と無症候性食道好酸球浸潤の病態比較解析

研究の意義・目的

近年アレルギー疾患が増加しており、食道に好酸球浸潤を来す患者様がいらっしゃいます。現在なぜ症状を来すのかが不明であり、本研究により症状発現に関連する因子を探索します。症状発現に関連する因子が判明した場合、今後の研究・診療の発展に寄与するものと考えられます。

研究期間

承認後~2021年12月31日

研究対象者の範囲

2010年1月1日~2019年6月15日にMedCity21および大阪市立大学医学部附属病院の消化器内科で食道好酸球浸潤と診断された方が対象です。

お願いする内容

大阪市立大学医学部附属病院のみで研究いたします。

検査データ、診療記録を調査し、上部消化管内視鏡検査時に採取した食道生検組織を使用させて頂きます。

頂いた試料・情報の提供方法

他の機関への提供はありません。

頂いた試料・情報の管理について責任者

施設名; 大阪市立大学大学院医学研究科消化器内科学 研究代表者;田中史生

この研究を行っている施設(共同研究機関)

施設名; 大阪市立大学大学院医学研究科消化器内科学 研究代表者;田中史生

代表施設のURL

https://ocu-gastro.jp/

研究の成果を公表する方法

研究結果を国内外の消化器領域を中心とした医学学術雑誌や学会にて公表します。その際、個人情報は公表しません。

研究に協力をしたくない場合

下記に連絡することでいつでも本研究への参加を拒否できます。また、研究への参加を断っても、診療に関する不利益等を受けることはありません。

連絡先

電話:06-6645-3811
大阪市立大学大学院医学研究科消化器内科学
担当者: 田中 史生

START TYPING AND PRESS ENTER TO SEARCH