食道運動障害

食道運動障害

非心臓性胸痛や食物つかえ感など嚥下障害を来す疾患に胃食道逆流症(Gastroesophageal reflux disease; GERD)や食道運動障害が含まれますが、上部消化管内視鏡検査や食道造影検査のみでは診断が難しい症例も多数存在します。当院では食道運動機能評価のゴールドスタンダードである、高解像度食道内圧検査(High-resolution manometry; HRM)によって詳細に病態を解析することができます。

食道内圧検査の方法は、圧センサーが1cm間隔で36個ついた直径約4mmの柔らかいチューブ(写真1)を経鼻挿入して、チューブ先端を胃内に留置します。挿入後に臥位や座位で水嚥下、食物摂取などを行い、食道運動を評価します。通常、検査時間は30分程度です。

写真1 – 内圧センサー

アカラシアやHypercontractile esophagus(Jackhammer)、Distal esophageal spasm(DES)は代表的な食道運動障害で(写真2~5)、薬物治療やバルーン拡張、筋層切開などによる治療で症状の改善が期待できます。筋層切開には外科手術や、内視鏡治療(Per-oral endoscopic myotomy; POEM, 現在準備中)があります。

写真2 – 正常食道蠕動

写真3 -アカラシア(下部食道括約筋の弛緩不全と正常食道蠕動の消失)

写真4 -Hypercontractile esophagus(強収縮の食道蠕動がみられる)

写真5 -DES(遠位食道のspasmがみられる)

START TYPING AND PRESS ENTER TO SEARCH