好酸球性消化管疾患

好酸球性消化管疾患

好酸球性食道炎(Eosinophilic esophagitis; EoE)や好酸球性胃腸炎(Eosinophilic gastroenteritis; EGE)は、食物や空気中のアレルゲンにより惹起されるアレルギー性炎症により消化管に好酸球浸潤を認める疾患であり、総称して好酸球性消化管疾患(Eosinophilic gastrointestinal disorders; EGIDs)と呼ばれています。

EoEは、海外では乳児から成人まで急速な罹患率の増加とともに現在非常に注目されており、本邦でも近年認知度の高まりとともに、食生活の欧米化やHelicobacter pylori感染率の低下に伴い、報告が増加してきています。本邦で以前より比較的患者数が多いEGEとともに、現在その原因や診断・治療法について議論が高まってきています。

当科では早くからこの疾患に注目しているため、日本でもトップクラスの数の患者様が通院されており、治療はもちろん、臨床的・基礎的研究も盛んに行っています。

START TYPING AND PRESS ENTER TO SEARCH