2020年消化器内科活動報告

2020年消化器内科活動報告

新型コロナウイルス感染症パンデミックのため活動が大幅に制限された 1 年でした

 

新入医局員10名(3年目 7人)

左から)高橋駿介先生、高嶋遼太先生、住田真衣子先生、山岸政充先生、福井純毅先生、片山光先生生

竹下雅浩先生(入局前)

藤本晃士先生
櫛山菜穂子先生
櫻井有香先生

歓迎会も全く開催できず残念です

学会・研究会

2020.6.7 日本消化器病学会近畿支部第63回教育講演会を主催

緊急事態宣言下での判断でした
今ならWeb でできそうです残念です

2020.8.11 日本消化器病学会附置研究会 第3回アレルギー消化器疾患研究会の当番幹事


総会と同様に誌上発表となりました
2つの会の事務担当:田中史生先生
雑務処理などお疲れさまでした

受賞

1.高嶋慎吾 先生:第21 回日本神経消化器病学会学会賞最優秀演題

2.灘谷祐二 先生:日本微小循環学会の学会奨励賞

3.葛本琢哉 先生:第 47 回日本潰瘍学会 奨励賞

4.丸山紘嗣 先生: JDDW2020 若手奨励賞

5.永見康明 先生 :DEN Best Reviewer 2019

6.細見周平 先生 :令和元年度医学部長賞 特別賞

7.中田晃暢 先生:GI Bioregulation Conference Best discussant award young age賞

研究

1.丸山紘嗣先生のCOVID-19に関するエアロゾル飛散防止の論文がEndoscopyに掲載.プレスリリースも

Coronavirus disease outbreak: a simple infection prevention measure using a surgical mask during endoscopy. Endoscopy. 2020 Dec;52(12):E461-E462

若い先生方がスキルスシミレーションセンターで熱心に検証実験をしました

COVID-19時代の教室の研究活動

1.抄読会

正確な情報を共有する目的でCOVID-19に関する論文抄読会をメールで開催。
4月から 6月の間で、全般的な論文25編、消化器症状6編、内視鏡8編、IBD7 編、基礎研究5編、計50編が紹介された。

2.STAY HOME中の論文執筆

緊急事態宣言下、大学のコロナ診療サポートも行いながら22編の論文が執筆されました

3.内視鏡検査時のエアロゾル飛散防止検証実験(ページ上部)

4.COVID 19 に関する研究

  1. Maruyama H, et al. Coronavirus disease outbreak a simple infection prevention
    measure using a surgical mask during endoscopy. Endoscopy
    2020 Dec; 52 (12) E461-E462
  2. Maruyama H, et al. Gastrointestinal endoscopic practice during COVID-19
    pandemic a multi institutional survey. Rom J Intern Med (in press)
  3. Higashimori A, et al. The “new normal” following the COVID-19 pandemic A
    simple infection-prevention measure using a surgical mask during transnasal
    endoscopy. Clin Endosc (in press)
  4. Fukunaga S, et al. Endoscopic Biopsy Technique Using an Alcohol Swab to
    Prevent Transmission Through the Instrument Channel in the COVID-19 Era. Clin Endosc. (in press)
  5. Nishida Y, et al. Impact of the lockdown due to COVID-19 pandemic on patients
    with inflammatory bowel disease. (submitted)
  6. Taiara K, et al. Impact of COVID-19 pandemic on patients with gastrointestinal
    cancer undergoing active cancer treatment on an ambulatory therapy center:
    the patients’ perspective. (submitted)
  7. Nadatani Y, et al. The mask based infection control method in screening
    endoscopy may prevent SARS-Cov-2 transmission and relieve staff anxiety.(submitted)

教室の論文がJG表紙に年間2回掲載されました!

Watanabe T, Fujiwara Y, Chan FKL. Current knowledge on non-steroidal antiinflammatory drug-induced small-bowel damage: a comprehensive review. J
Gastroenterol. 2020 May;55(5):481-495
Fujiwara Y. Symptom-based diagnostic approach for eosinophilic esophagitis.
J Gastroenterol. 2020 Sep;55(9):833-845.

F-study*の研究論文が初めて発表されました

*F-study:類似症例を集めて未知の内視鏡所見や疾患を見出そうとする教室のプロジェクト

研究

令和二年度卒業学位取得のお祝い
(高嶋慎吾先生、中田晃暢先生、中田理恵子先生)

Takashima S: Barrett’s esophagus is negatively associated with eosinophilic esophagitis in Japanese subjects Esophagus.
2019 Apr;16(2):168-173.
Nakata A, : NOD Like Receptor Family Pyrin Domain Containing 3 Inflammasome Activation Exacerbates 5 Fluorouracil Induced Small Intestinal Mucositis via Interleukin 1 β Activation.
Digestion. 2019 Dec17:1-15.
Nakata R : Successful Eradication of Helicobacter pylori Could Prevent Metachronous Gastric Cancer : A Propensity Matching Analysis.
Digestion. 2019 Nov 1:1-10

2020.2.22 教室員との飲み会はこれが2020 年最後でした

杉村直毅先生:大阪市大と香港中文大学の学位取得して帰国

Sugimura N: High fat diet mediated dysbiosis exacerbates NSAID-induced small intestinal damage through the induction of interleukin-17A. Sci Rep. 2019 Nov 14;9(1):16796.

杉村先生は大阪市立大学初のダブルデグリープログラムにより大阪市立大学と香港中文大学の 2 つの学位を取得しました。
香港中文大学のChan 医学部長を本学にお呼びしてセレモニーを行う予定でしたが、残念ながら中止となりました。
杉村先生は香港抗議デモや新型コロナウイルス感染の影響を受け学位審査が延期となり苦労されましたが、無事修了できて良かったです。
おめでとうございます!

*ダブルデグリー:通常 2 つの大学の学位取得には 8 年かかるが、単位の相互互換を認めて 4 6 年で終えるプログラム

学会

2020.1.16-17 日本神経消化器病学会・日本潰瘍学会(小田原)

会長招宴懇親会写真:このような集まりが早く訪れますように

2020.9.2 3 第99回日本消化器内視鏡学会(京都)

ハイブリッド形式での開催
会長講演(司会:小林絢三名誉教授)

ハイブリッド形式で(壇上は葛本先生)  シンポ開始直前にはまずみられない光景

内視鏡従事姿も変化

兼業先では長袖ガウン入手困難なため、看護師さんの手作りガウン。

会議はオンライン中心に

関連病院会議 2020.12.15

一日も早いコロナ終息を願って

再び活発な教室活動ができる日まで教室員一丸となって頑張ります

START TYPING AND PRESS ENTER TO SEARCH