業績 – 平成25年(2013年)

平成25年(2013年)の業績一覧

著書:和文

著書、学術論文等の名称発表発行所、発表雑誌等
または発表学会等の
名称、雑誌等の巻・頁
著  者  名
症状:消化器系:嚥下困難2013疾患症状別今日の治療と看護、改訂第3版、南江堂 P102-103藤原靖弘
II食道疾患:逆流性食道炎およびGERD・NERD2013消化器薬物療法STEP1・2・3、メジカルレビュー社、P18-21藤原靖弘
II 感染性食道炎2013専門医のための消化器病学第2版 医学書院 P9-11藤原靖弘
15 食道潰瘍2013カラー版 消化器病学 基礎と臨床 P538-540藤原靖弘
12 好酸球性食道炎2013画像で見ぬく消化器疾患vol。1上部消化管 p50-51藤原靖弘
セクション2 内視鏡的治療の適応2013チーム医療のためのESDマニュアル永見康明、町田浩久
4 機能性ディスペプシア2013カラー版 消化器病学 基礎と臨床 P627-633藤川佳子、富永和作、荒川哲男
診断に難渋し、GMAの有効性をカプセル内視鏡で確認した高齢発症CD症例2013IBD診療ケーススタディー 日本医事新報社 P60-66渡辺憲治、野口篤志、鎌田紀子、十河光栄、山上博一、荒川哲男
indeterminate colitis2014「これで納得!画像で見ぬく消化器疾患 vol.2 大腸」宮嵜孝子、渡辺憲治

原著論文:和文

著書、学術論文等の名称発表発行所、発表雑誌等
または発表学会等の
名称、雑誌等の巻・頁
著  者  名
超音波内視鏡による内部低エコー領域所見と胃間葉系腫瘍の増大予測因子2013Progress in Medicine 33:436-44大西 美穂, 富永 和作, 杉森 聖司, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 憲治, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男
胃潰瘍治癒過程におけるアンチエイジング分子Klothoの発現動態と胃潰瘍治癒に及ぼす影響2013潰瘍 40巻 Page64-68谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 十河 光栄, 山上 博一, 斯波 将次, 渡辺 憲治, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男
当院における原因不明消化管出血症例の検討2013消化器内科56巻5号 Page517-523(2013.05)岡本純一,富永和作,杉森聖司,大林倫子,加藤邦洋,南野弘明,大南雅揮,灘谷裕二,中山佐容子,福永周生,永見康明,岡崎博俊,斯波将次,渡辺俊雄,藤原靖弘,荒川哲男
当院における潰瘍性大腸炎に対するインフリキシマブの臨床成績2013潰瘍40巻 Page44-46
野口 篤志, 渡辺 憲治, 谷川 徹也, 富永 和作, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男
【PPI抵抗性胃食道逆流症の現状と治療戦略】 多チャンネル食道インピーダンス-pHモニタリングを用いたPPI抵抗性NERDの病態分類とbaseline impedanceの関連2013消化器内科57巻4号 422-425(2013.10)木幡 幸恵, 藤原 靖弘, 沢田 明也, 平本 慶子, 朴成華, 中原 憲一, 谷川 徹也, 山上 博一, 斯波 将次, 渡辺 憲治, 渡辺 俊雄, 富永 和作, 荒川 哲男
(総説:欧文)
著書、学術論文等の名称発表発行所、発表雑誌等
または発表学会等の
名称、雑誌等の巻・頁
著  者  名
Kampo medicines for gastrointestinal tract disorders: a review of basic science and clinical evidence and their future application2013J Gastroenterol in pressTominaga K, Arakawa T
Gastroesophageal reflux disease and sleep.2013Gastroenterol Clin North Am.42(1):57-70.ElsevierFujiwara Y, Arakawa T, Fass R.

原著論文:欧文

著書、学術論文等の名称発表発行所、発表雑誌等
または発表学会等の
名称、雑誌等の巻・頁
著  者  名
Cytoglobin may be involved in the healing process of gastric mucosal injuries in the late phase without angiogenesis.2013Dig Dis Sci. 2013 May;58(5):1198-206.Tanaka F, Tominaga K, Sasaki E, Sogawa M, Yamagami H, Tanigawa T, Shiba M, Watanabe K, Watanabe T, Fujiwara Y, Kawada N, Yoshizato K, Arakawa T.
Risk factors for severe nonsteroidal anti-inflammatory drug-induced small intestinal damage.2013Dig Liver Dis. 2013 May;45(5):390-5.Watanabe T, Tanigawa T, Nadatani Y, Nagami Y, Sugimori S, Okazaki H, Yamagami H, Watanabe K, Tominaga K, Fujiwara Y, Koike T, Arakawa T.
Relation between bile acid reflux into the stomach and the risk of atrophic gastritis and intestinal metaplasia: A multicenter study of 2283 cases.2013Dig Endosc.2013 Sep;25(5):519-25Matsuhisa T, Arakawa T, Watanabe T, Tokutomi T, Sakurai K, Okamura S, Chono S, Kamada T, Sugiyama A, Fujimura Y, Matsuzawa K, Ito M, Yasuda M, Ota H, Haruma K.
Endoscopic radial incision and cutting method for refractory esophageal stricture after endoscopic submucosal dissection of superficial esophageal carcinoma.2013Dig Endosc. 2013 Mar;25(2):200-3Minamino H, Machida H, Tominaga K, Sugimori S, Okazaki H, Tanigawa T, Yamagami H, Watanabe K, Watanabe T, Fujiwara Y, Arakawa T.
Rebamipide inhibits indomethacin-induced small intestinal injury: Possible involvement of intestinal microbiota modulation by upregulation of α-defensin 5.2013Eur J Pharmacol. 2013 Mar 15;704(1-3):64-9Tanigawa T, Watanabe T, Otani K, Nadatani Y, Ohkawa F, Sogawa M, Yamagami H, Shiba M, Watanabe K, Tominaga K, Fujiwara Y, Takeuchi K, Arakawa T.
Clinical Classification of Subgroups According to the Rome III Criteria Cannot be Used to Distinguish the Associated Respective Pathophysiology in Japanese Patients with Functional Dyspepsia.2013Intern Med. 2013;52(12):1289-93.Ochi M, Tominaga K, Tanaka F, Tanigawa T, Yamagami H, Watanabe K, Watanabe T, Fujiwara Y, Arakawa T.
Anti-tumour necrosis factor agents reduce non-steroidal anti-inflammatory drug-induced small bowel injury in rheumatoid arthritis patients.2013Gut. 2014 Mar;63(3):409-14.Watanabe T, Tanigawa T, Shiba M, Nadatani Y, Nagami Y, Sugimori S, Yamagami H, Watanabe K, Tominaga K, Fujiwara Y, Koike T, Arakawa T.
Incidence and risk factors of gastrointestinal bleeding in patients on low-dose aspirin therapy after percutaneous coronary intervention in Japan.2013Scand J Gastroenterol. 2013 Mar;48(3):320-5Nadatani Y, Watanabe T, Tanigawa T, Sogawa M, Yamagami H, Shiba M, Watanabe K, Tominaga K, Fujiwara Y, Yoshiyama M, Arakawa T.
Sleep Disturbances and Refractory Gastroesophageal Reflux Disease Symptoms in Patients Receiving Once-Daily Proton Pump Inhibitors and Efficacy of Twice-Daily Rabeprazole Treatment.2013Digestion. 2013 Sep 5;88(3):145-152Fujiwara Y, Habu Y, Ashida K, Kusano M, Higuchi K, Arakawa T.
Infliximab and/or immunomodulators inhibit immune responses to trivalent influenza vaccination in adults with inflammatory bowel disease.2013J Crohns Colitis. 2013 Sep 4. pii: S1873-9946(13)00279-1.Hagihara Y, Ohfuji S, Watanabe K, Yamagami H, Fukushima W, Maeda K, Kamata N, Sogawa M, Shiba M, Tanigawa T, Tominaga K, Watanabe T, Fujiwara Y, Hirota Y, Arakawa T.
High-Mobility Group Box 1 Inhibits Gastric Ulcer Healing through Toll-Like Receptor 4 and Receptor for Advanced Glycation End Products.2013PLoS One. 2013 Nov 11;8(11):e80130.Nadatani Y, Watanabe T, Tanigawa T, Ohkawa F, Takeda S, Higashimori A, Sogawa M, Yamagami H, Shiba M, Watanabe K, Tominaga K, Fujiwara Y, Takeuchi K, Arakawa T.
Mesenchymal stem cells administered in the early phase of tumorigenesis inhibit colorectal tumor development in rats.2013J Clin Biochem Nutr. 2013 Nov;53(3):170-5.Katsuno T, Ochi M, Tominaga K, Tanaka F, Sogawa M, Tanigawa T, Yamagami H, Shiba M, Watanabe K, Watanabe T, Fujiwara Y, Arakawa T.
Eosinophilic esophagitis-like endoscopic findings in patients with erosive esophagitis2013Esophagus 2013;10:199-204Fujiwara Y, Tanigawa T, Yamagami H, Watanabe K, Tominaga K, Watanabe T, Arakawa T.
Role of small intestinal bacterial overgrowth in severe small intestinal damage in chronic non-steroidal anti-inflammatory drug users.2014Scand J Gastroenterol. 2014 Mar;49(3):267-73.Muraki M, Fujiwara Y, Machida H, Okazaki H, Sogawa M, Yamagami H, Tanigawa T, Shiba M, Watanabe K, Tominaga K, Watanabe T, Arakawa T.
A questionnaire-based survey on the diagnosis and management of inflammatory bowel disease in East asian countries in 2012.2014Digestion. 2014;89(1):88-103.Hida N, Nakamura S, Hahm KB, Sollano JD, Zhu Q, Rani AA, Syam AF, Kachintorn U, Ueno F, Joh T, Naito Y, Suzuki H, Takahashi S, Fukudo S, Fujiwara Y, Kinoshita Y, Uchiyama K, Yamaguchi Y, Yoshida A, Arakawa T, Matsumoto T.
Clinical efficacy of endoscopic submucosal dissection for adenocarcinoma of the esophagogastric junction2014Endoscoy International Open. 2014;Nagami Y, Machida H, Shiba M, Obayashi T, Ominami M, Fukunaga S, Sugimori S, Tanigawa T, Yamagami H, Watanabe K, Watanabe T, Tominaga K, Fujiwara Y, Arakawa T.
Randomised clinical trial: rabeprazole improves symptoms in patients with functional dyspepsia in Japan.2013Aliment Pharmacol Ther. 2013 Oct;38(7):729-40Iwakiri R, Tominaga K, Furuta K, Inamori M, Furuta T, Masuyama H, Kanke K, Nagahara A, Haruma K, Kinoshita Y, Higuchi K, Takahashi S, Kusano M, Iwakiri K, Kato M, Hongo M, Hiraishi H, Watanabe S, Miwa H, Naito Y, Fujimoto K, Arakawa T.
A randomized, placebo-controlled, double-blind clinical trial of rikkunshito for patients with non-erosive reflux disease refractory to proton-pump inhibitor: the G-PRIDE study.2014J Gastroenterol. 2014 Feb 18. [Epub ahead of print]Tominaga K, Kato M, Takeda H, Shimoyama Y, Umegaki E, Iwakiri R, Furuta K, Sakurai K, Odaka T, Kusunoki H, Nagahara A, Iwakiri K, Furuta T, Murakami K, Miwa H, Kinoshita Y, Haruma K, Takahashi S, Watanabe S, Higuchi K, Kusano M, Fujimoto K, Arakawa T; G-PRIDE Study Group.
Covered self-expandable metal stents with an anti-migration system improve patency duration without increased complications compared with uncovered stents for distal biliary obstruction caused by pancreatic carcinoma: a randomized multicenter trial.2013Am J Gastroenterol. 2013 Nov;108(11):1713-22.Kitano M, Yamashita Y, Tanaka K, Konishi H, Yazumi S, Nakai Y, Nishiyama O, Uehara H, Mitoro A, Sanuki T, Takaoka M, Koshitani T, Arisaka Y,?Shiba M, Hoki N, Sato H, Sasaki Y, Sato M, Hasegawa K, Kawabata H, Okabe Y, Mukai H.
Use of capsule endoscopy in patients with Crohn's disease in Japan: a multicenter survey.2014J Gastroenterol Hepatol. 2014;29:96-101Esaki M, Matsumoto T, Watanabe K, Arakawa T, Naito Y, Matsuura M, Nakase H, Hibi T, Matsumoto T, Nouda S, Higuchi K, Ohmiya N, Goto H, Kurokawa S, Motoya S, Watanabe M.

Usefulness of non-magnifying narrow band imaging in screening of early esophageal squamous cell carcinoma: A prospective comparative study using propensity score matching2014Am J Gastroenterol in pressNagami Y, Tominaga K, Machida H, Nakatani M, Kameda N, Sugimori S, Okazaki H, Tanigawa T, Yamagami H, Kubo N, Shiba M, Watanabe K,
Watanabe T, Iguchi H, Fujiwara Y, Ohira M, Hirakawa K, Arakawa T.
(原著論文:和文)
著書、学術論文等の名称発表発行所、発表雑誌等
または発表学会等の
名称、雑誌等の巻・頁
著  者  名
超音波内視鏡による内部低エコー領域所見と胃間葉系腫瘍の増大予測因子2013Progress in Medicine 33:436-44大西 美穂, 富永 和作, 杉森 聖司, 山上 博一, 谷川 徹也, 渡辺 憲治, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男
胃潰瘍治癒過程におけるアンチエイジング分子Klothoの発現動態と胃潰瘍治癒に及ぼす影響2013潰瘍 40巻 Page64-68谷川 徹也, 渡辺 俊雄, 灘谷 祐二, 大谷 恒史, 十河 光栄, 山上 博一, 斯波 将次, 渡辺 憲治, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男
当院における原因不明消化管出血症例の検討2013消化器内科56巻5号 Page517-523(2013.05)岡本純一,富永和作,杉森聖司,大林倫子,加藤邦洋,南野弘明,大南雅揮,灘谷裕二,中山佐容子,福永周生,永見康明,岡崎博俊,斯波将次,渡辺俊雄,藤原靖弘,荒川哲男
当院における潰瘍性大腸炎に対するインフリキシマブの臨床成績2013潰瘍40巻 Page44-46
野口 篤志, 渡辺 憲治, 谷川 徹也, 富永 和作, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男
【PPI抵抗性胃食道逆流症の現状と治療戦略】 多チャンネル食道インピーダンス-pHモニタリングを用いたPPI抵抗性NERDの病態分類とbaseline impedanceの関連2013消化器内科57巻4号 422-425(2013.10)木幡 幸恵, 藤原 靖弘, 沢田 明也, 平本 慶子, 朴成華, 中原 憲一, 谷川 徹也, 山上 博一, 斯波 将次, 渡辺 憲治, 渡辺 俊雄, 富永 和作, 荒川 哲男

総説:和文

著書、学術論文等の名称発表発行所、発表雑誌等
または発表学会等の
名称、雑誌等の巻・頁
著  者  名
GERDと睡眠障害/閉塞性睡眠時無呼吸症候群2013medicina 50:803-806藤原靖弘、平本慶子、荒川哲男
夜間逆流と睡眠との関連2013日本消化器病学会雑誌110:965-970藤原靖弘、平本慶子、朴成華、中原憲一、木幡幸恵、谷川徹也、渡辺憲治、富永和作、渡辺俊雄、荒川哲男
感染症は食道運動機能異常の原因となるか2013分子消化器病10:219-223藤原靖弘、木幡幸恵、十河光栄、谷川徹也、山上博一、斯波将次、渡辺憲治、富永和作、渡辺俊雄、荒川哲男
消化器薬-新時代の治療指針:胃食道逆流症2014medicina 54:22-25藤原靖弘
胃酸と機能性ディスペプシアの関係2014medical practice 31(8)田中史生、富永和作、荒川哲男
胃全摘後の胸焼けに対するPPI処方の意味2013日本医事新報 (4669): 58 -59 2013塚原卓矢, 谷川徹也, 荒川哲男
「消化管疾患に対する漢方医学からのアプローチ 現状と展望」III. 消化管疾患に対する漢方医学の実際. 1. 慢性胃炎
2013臨床消化器内科28;169-176富永和作、谷川徹也、斯波将次、渡辺俊雄、
藤原靖弘、荒川哲男
【機能性消化管障害(FGID):診断と治療の進歩】 最近の話題 今後期待される薬物療法(解説/特集)2013日本内科学会雑誌 102:96-104富永 和作, 藤川 佳子, 田中 史生, 十河 光栄, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 憲治, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男
【胃食道逆流症・機能性ディスペプシア-関連疾患のすべて-】 《機能性ディスペプシア FD》 FDの病態生理学 serotonin transporterとディスペプシア2013Modern Physician 33:890-893富永 和作, 津本 親子, 安宅 鈴香, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 塩見 進, 渡辺 恭良, 荒川 哲男
【原因不明消化管出血の診断と治療】 当院における原因不明消化管出血症例の検討2013消化器内科 56: 517-523岡本 純一, 富永 和作, 杉森 聖司, 大林 倫子, 加藤 邦洋, 南野 弘明, 大南 雅揮, 灘谷 裕二, 中山 佐容子, 福永 周生, 永見 康明, 岡崎 博俊, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男
【機能性ディスペプシア(FD)診療の新潮流】 FDの病態・症状と酸分泌抑制薬を使いこなすためのコツ2013消化器の臨床 16: 596-602富永 和作, 藤川 佳子, 田中 史生, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男
【機能性消化器疾患-あたらしい診療戦略】 治療薬解説 FGIDに用いる消化管運動調整薬の薬効および作用機序2013カレントテラピー 31: 1273-1277中原 憲一, 富永 和作, 十河 光栄, 山上 博一, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 憲治, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男
抗潰瘍薬による薬剤性消化管傷害の予防・治療戦略2013消化器の臨床 16: 176-180渡辺俊雄 谷川徹也 灘谷祐二、山上博一 斯波将次 渡辺憲治 富永和作 藤原靖弘 荒川哲男
抗血栓薬関連消化管障害ー病態・診療の要点・予防策(1)胃・十二指腸粘膜傷害2014臨床消化器内科 29: 61-67渡辺俊雄 谷川徹也 灘谷祐二、富永和作 藤原靖弘 荒川哲男
ここまで来た、炎症性腸疾患の新展開 :診断 ダブルバルーン内視鏡2014成人病と生活習慣病 44:山上博一、萩原良恵、森本謙一、細見周平、野口篤志、湯川知洋、宮嵜孝子、鎌田紀子、十河光栄、谷川徹也、斯波将次、渡辺憲治、渡辺俊雄、富永和作、藤原靖弘、荒川哲男
治療に直結する大腸腫瘍診断のストラテジー〔大腸LSTの治療法選択に直結する診断のストラテジー〕20mm以上のLST‐Gにおける臨床病理学的特徴と治療法の選択―通常診断重視の立場から―2013消化器内視鏡, 25巻, 8号 p1235-43福永周生,町田浩久,斯波将次,大南雅揮,永見康明,杉森聖司,十河光栄,谷川徹也,山上博一,渡辺憲治,渡辺俊雄,富永和作,藤原靖弘,荒川哲男
【Colitic cancerにどう立ち向かうか】 Image enhanced endoscopyを診断にどう生かすか2013消化器の臨床 16:266-270渡辺 憲治, 松本 紘子, 鋳谷 成弘, 新藤 正喜, 塚原 卓矢, 萩原 良恵, 森本 謙一, 野口 篤志, 宮嵜 孝子, 永見 康明, 杉森 聖司, 鎌田 紀子, 十河 光栄, 谷川 徹也, 山上 博一, 富永 和作, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男
潰瘍性大腸炎関連腫瘍の内視鏡 通常内視鏡観察から拡大内視鏡観察、画像強調観察、新たな画像診断まで2013IBD Research 7:92-96渡辺 憲治, 松本 紘子, 鋳谷 成弘, 新藤 正喜, 塚原 卓矢, 萩原 良恵, 森本 謙一, 野口 篤志, 宮嵜 孝子, 永見 康明, 杉森 聖司, 鎌田 紀子, 十河 光栄, 谷川 徹也, 山上 博一, 富永 和作, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男
クローン病に対するパテンシーカプセル2013臨床消化器内科 28:1076-1081渡辺 憲治, 森本 謙一, 野口 篤志, 宮嵜 孝子, 鎌田 紀子, 十河 光栄, 山上 博一, 荒川 哲男
パテンシーカプセル内視鏡の有用性2013胃と腸 48:479-484渡辺 憲治, 松本 紘子, 鋳谷 成弘, 新藤 正喜, 塚原 卓矢, 萩原 良恵, 森本 謙一, 野口 篤志, 鎌田 紀子, 十河 光栄, 谷川 徹也, 山上 博一, 富永 和作, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男
炎症性腸疾患の画像診断 潰瘍性大腸炎の内視鏡所見2013胃と腸 48:611-618渡辺 憲治, 松本 紘子, 鋳谷 成弘, 新藤 正喜, 塚原 卓矢, 萩原 良恵, 森本 謙一, 野口 篤志, 宮嵜 孝子, 鎌田 紀子, 十河 光栄, 谷川 徹也, 山上 博一, 富永 和作, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男
【潰瘍性大腸炎における新たな治療戦略】 今後の内科的新規治療法の可能性2013Intestine 17:183-186渡辺 憲治, 鎌田 紀子, 十河 光栄, 谷川 徹也, 山上 博一, 富永 和作, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男
【IBDの病理を知る】 IBD腸管合併症 クローン病による腸管線維化狭窄・瘻孔形成の病理を知る2013IBD Research 7: 168-175末包 剛久, 渡辺 憲治, 稲葉 真由美, 上田 真喜子
当院における潰瘍性大腸炎に対するインフリキシマブの臨床成績2013潰瘍 40: 44-46野口 篤志, 渡辺 憲治, 谷川 徹也, 富永 和作, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男
【小腸疾患の臨床-最近の進歩】 腫瘍性疾患 転移性腫瘍2013臨床消化器内科 28: 934-940森本 謙一, 渡辺 憲治, 鎌田 紀子, 十河 光栄, 山上 博一, 荒川 哲男
【カプセル内視鏡の現状と展望】 大腸カプセル内視鏡の現状と将来2013胃と腸 48: 493-498角川 康夫, 斎藤 豊, 斎藤 彰一, 渡辺 憲治, 大宮 直木, 村野 実之, 岡 志郎, 相原 弘之, 倉本 貴典, 能田 貞治, 松本 美野里, 荒川 哲男, 後藤 秀実, 樋口 和秀, 田中 信治, 石川 秀樹, 田尻 久雄
【小腸疾患の臨床-最近の進歩】 腫瘍性疾患 転移性腫瘍(解説/特集)2013臨床消化器内科28巻7号 Page934-940森本 謙一, 渡辺 憲治, 鎌田 紀子, 十河 光栄, 山上 博一, 荒川 哲男
クローン病に合併した下部消化管癌6症例に関する検討2013日本大腸肛門病学会雑誌 66: 229-233瀧井 麻美子, 前田 清, 永原 央, 野田 英児, 渋谷 雅常, 鎌田 紀子, 十河 光栄, 山上 博一, 渡辺 憲治, 平川 弘聖

総説:欧文

著書、学術論文等の名称発表発行所、発表雑誌等
または発表学会等の
名称、雑誌等の巻・頁
著  者  名
Kampo medicines for gastrointestinal tract disorders: a review of basic science and clinical evidence and their future application2013J Gastroenterol in pressTominaga K, Arakawa T
Gastroesophageal reflux disease and sleep.2013Gastroenterol Clin North Am.42(1):57-70.ElsevierFujiwara Y, Arakawa T, Fass R.

症例報告:和文

著書、学術論文等の名称発表発行所、発表雑誌等
または発表学会等の
名称、雑誌等の巻・頁
著  者  名
上部消化管内視鏡検査中に広範囲に胃粘膜裂創を来した胃サルコイドーシスの1例2013Gastroenterological Endoscopy 55: 3102-3108大林 倫子, 富永 和作, 福永 周生, 永見 康明, 杉森 聖司, 谷川 徹也, 斯波 将次, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男
経カテーテル的肝動脈塞栓術後に腫瘍崩壊症候群をきたした肝細胞癌の1例2013日本消化器病学会雑誌 110(3): 441-448, 2013西田裕, 藤井英樹, 萩原淳司, 川村悦史, 岩井秀司, 榎本大, 田守昭博, 荒川哲男, 河田則文
難治性多発性深掘れ潰瘍を呈した好酸球性胃腸炎の1例2013胃と腸 48: 1931-1937西下 正和, 仲田 文造, 江頭 由太郎, 谷川 徹也, 宮嵜 孝子, 横松 秀明, 渡辺 憲治, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

症例報告:欧文

著書、学術論文等の名称発表発行所、発表雑誌等
または発表学会等の
名称、雑誌等の巻・頁
著  者  名
Precise endoscopic and pathologic features in a crohn's disease case with two fistula-associated small bowel adenocarcinomas complicated by an anal canal adenocarcinoma.2012Intern Med. 2013;52(4):445-9.Sogawa M, Watanabe K, Egashira Y, Maeda K, Morimoto K, Noguchi A, Kamata N, Yamagami H, Watanabe T, Tominaga K, Fujiwara Y, Oshitani N, Arakawa T.
Successful treatment of betamethasone syrup on autoimmune esophagitis.2014Am J Gastroenterol. 2014 Mar;109(3):451-3.Kohata Y, Fujiwara Y, Kato K, Tanaka F, Yamagami H, Tanigawa T, Shiba M, Watanabe K, Watanabe T, Tominaga K, Tateishi C, Tsuruta D, Arakawa T.
Small bowel endoscopy in inflammatory bowel disease.2013Clin Endosc. 2013 Jul;46(4):321-6.Yamagami H, Watanabe K, Kamata N, Sogawa M, Arakawa T.

その他

著書、学術論文等の名称発表発行所、発表雑誌等
または発表学会等の
名称、雑誌等の巻・頁
著  者  名
日本人のGERDはなぜ治療しなければならないのか?その必要性があるのか?2013medicina 50:760-769鈴木秀和、内藤裕二、藤原靖弘、佐藤祐一
不眠症治療を考える:各診療科からの提言、消化器内科クリニシアン60:54-58藤原靖弘
上部消化管症状 困ったときの次の一手2013漢方と診療 4:146-158富永 和作, 稚田 仲啓, 福田 秀彦
<特集=「見えない消化器疾患」を診る>消化器の愁訴と漢方
2013「Medicament News」2115: 10-12富永 和作, 荒川哲男
<秋期特集=主な疾患の治療>機能性ディスペプシア(FD) ~脳腸相関を踏まえた治療戦略~
2013「Medicament News」2138: 9-13富永 和作, 荒川哲男
内視鏡で発見されるようになった小腸病変は臨床を大きく変えたか 変えたという立場から2013Frontiers in Gastroenterology 18: 312-315渡辺憲治

START TYPING AND PRESS ENTER TO SEARCH