業績 – 平成24年(2012年)

平成24年(2012年)の業績一覧

著書:和文

著書、学術論文等の名称発表発行所、発表雑誌等
または発表学会等の
名称、雑誌等の巻・頁
著  者  名
各論III消化器疾患 胃食道逆流症2012慢性疾患患者への最新薬物治療の鉄則.診断と治療社p148-153藤原靖弘、荒川哲男
第4章機能性胸やけ・病態生理2013新しい診断と治療のABC77:機能性食道疾患―GERDと機能性食道障害、P133-139藤原靖弘、谷川徹也、山上博一、斯波将次、渡辺憲治、富永和作、渡辺俊雄、荒川哲男
急性胃炎、急性胃潰瘍2012今日の治療指針 2012. 医学書院、東京、p419-421荒川哲男
消化器BOOK 082012効果的に使う!消化器の治療薬 1) 腹痛 p10-17, 羊土社富永和作、荒川哲男
消化器BOOK 082012効果的に使う!消化器の治療薬 3) 機能性ディスペプシア p70-77, 羊土社富永和作、荒川哲男
神経消化器病学の進歩2012中枢からの消化管生理機能制御: 自律神経と消化管機能 p11-17, 医歯薬出版株式会社富永和作、荒川哲男
総論 1. 血便・便潜血・貧血の初療における診断の進め方(鑑別)
2012大腸疾患 診断と治療アップデート.診断と治療:100巻6号p902-907萩原良恵、渡辺憲治、森本謙一、野口篤志、杉森聖司、鎌田紀子、十河光栄、町田浩久、岡崎博俊、山上博一、谷川徹也、富永和作、渡辺俊雄、藤原靖弘、荒川哲男
なんじゃこりゃ?内視鏡像は語る!
血糖コントロール目的の入院中に指摘された上行結腸の潰瘍病変
2012消化器内視鏡 24巻5号 p893-894萩原良恵、鎌田紀子、荒川哲男

著書:欧文

著書、学術論文等の名称発表発行所、発表雑誌等
または発表学会等の
名称、雑誌等の巻・頁
著  者  名
Capsule Endoscopy in suspected Crohn's Disease2013Video Capsule Endoscopy-A Comprehensive Guide and Atlas. M. KEUCHEL, F. HAGENM?LLER AND H.TAJIRI (EDS.), Springer.
J. Leighton, K. Watanabe, F. Arg?elles-Arias, J.M. Herrer?as
Non-specific ulcers in the small intestine2013Video Capsule Endoscopy-A Comprehensive Guide and Atlas. M. KEUCHEL, F. HAGENM?LLER AND H.TAJIRI (EDS.), Springer.
K. Watanabe

原著論文:和文

著書、学術論文等の名称発表発行所、発表雑誌等
または発表学会等の
名称、雑誌等の巻・頁
著  者  名
プライマリーケアにおけるNERDの診断と治療-過去3回の大阪GERD研究会におけるアンケート調査結果を踏まえて2012消化器内科55(1):62-69阪口正博、蘆田潔、辻晋吾、森茂生、李栄柱、藤原靖弘、羽生泰樹、梅垣英次、根引浩子、増田栄治、今本治彦、飯石浩康、樋口和秀、岡崎和一、荒川哲男、川野淳
ラットバレット食道発生におけるTh-2サイトカインの役割2012Progress in Medicine(0287-3648)32巻3号 Page556-559木幡 幸恵,?藤原 靖弘,?荒川 哲男
バレット食道発生過程における免疫応答の解明2012Therapeutic Research(0289-8020)33巻5号 Page638-644木幡 幸恵,?藤原 靖弘,?町田 浩久,?岡崎 博俊,?山上 博一,?谷川 徹也,?渡辺 憲治,?渡辺 俊雄,?富永 和作,?荒川 哲男

原著論文:欧文

著書、学術論文等の名称発表発行所、発表雑誌等
または発表学会等の
名称、雑誌等の巻・頁
著  者  名
Rikkunshito improves symptoms in PPI-refractory GERD patients: a prospective, randomized, multicenter trial in Japan.2012J Gastroenterol. 2012 Mar;47(3):284-92.Tominaga K, Iwakiri R, Fujimoto K, Fujiwara Y, Tanaka M, Shimoyama Y, Umegaki E, Higuchi K, Kusano M, Arakawa T; and the GERD 4 Study Group.
Internal hypoechoic feature by EUS as a possible predictive marker for the enlargement potential of gastric GI stromal tumors.2012Gastrointest Endosc. 2012 Apr;75(4):731-8
Onishi M, Tominaga K, Sugimori S, Machida H, Okazaki H, Yamagami H, Tanigawa T, Watanabe K, Watanabe T, Fujiwara Y, Arakawa T.
Effect of Mosapride Citrate on Gastric Emptying in Interferon-Induced Gastroparesis.2012Dig Dis Sci. 2012 Jun;57(6):1510-6.Kawamura E, Enomoto M, Kotani K, Hagihara A, Fujii H, Kobayashi S, Iwai S, Morikawa H, Kawabe J, Tominaga K, Tamori A, Shiomi S, Kawada N.
High-Mobility Group Box 1 Promotes Small Intestinal Damage Induced by Nonsteroidal Anti-inflammatory Drugs through Toll-like Receptor 42012Am J Pathol. 2012 Jul;181(1):98-110.Nadatani Y, et al.
Pathogenesis of proton-pump inhibitor-refractory non-erosive reflux disease according to multichannel intraluminal impedance-pH monitoring.2012J Gastroenterol Hepatol. 2012 Apr;27 Suppl 3:58-62.Kohata Y, Fujiwara Y, Machida H, Okazaki H, Yamagami H, Tanigawa T, Watanabe K, Watanabe T, Tominaga K, Arakawa T.
New reduced volume preparation regimen in colon capsule endoscopy.2012World J Gastroenterol. 2012 May 7;18(17):2092-8.Kakugawa Y, Saito Y, Saito S, Watanabe K, Ohmiya N, Murano M, Oka S, Arakawa T, Goto H, Higuchi K, Tanaka S, Ishikawa H, Tajiri H.
Activation of the MyD88 signaling pathway inhibits ischemia-reperfusion injury in the small intestine.2012Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol. 2012 Aug 1;303(3):G324-34Watanabe T, Kobata A, Tanigawa T, Nadatani Y, Yamagami H, Watanabe K, Tominaga K, Fujiwara Y, Takeuchi K, Arakawa T.
Locoregional mitomycin C injection for esophageal stricture after endoscopic submucosal dissection.2012Endoscopy. 2012 Jun;44(6):622-5.Machida H, Tominaga K, Minamino H, Sugimori S, Okazaki H, Yamagami H, Tanigawa T, Watanabe K, Watanabe T, Fujiwara Y, Arakawa T.
A questionnaire-based survey on screening for gastric and colorectal cancer by physicians in East asian countries in 2010.2012Digestion. 2012;86(2):94-106.Naito Y, Uchiyama K, Kinoshita Y, Fukudo S, Joh T, Suzuki H, Takahashi S, Ueno F, Fujiwara Y, Arakawa T, Matsumoto T, Hahm KB, Kachintorn U, Syam AF, Rani AA, Sollano JD, Zhu Q.
Questionnaire-Based Survey Conducted in 2011 concerning Endoscopic Management of Barrett's Esophagus in East Asian Countries.2012Digestion. 2012;86(2):136-46.Ishimura N, Amano Y, Sollano JD, Zhu Q, Kachintorn U, Rani AA, Hahm KB, Takahashi S, Arakawa T, Joh T, Matsumoto T, Naito Y, Suzuki H, Ueno F, Fukudo S, Fujiwara Y, Kamiya T, Uchiyama K, Kinoshita Y.
Toll-like receptor 9 signaling has anti-inflammatory effects on the early phase of Helicobacter pylori-induced gastritis.2012Biochem Biophys Res Commun. 2012 Sep 28;426(3):342-9.Otani K, Tanigawa T, Watanabe T, Nadatani Y, Sogawa M, Yamagami H, Shiba M, Watanabe K, Tominaga K, Fujiwara Y, Arakawa T.
High Prevalence of Gastroesophageal Reflux Symptoms in Patients with Non-Alcoholic Fatty Liver Disease Associated with Serum Levels of Triglyceride and Cholesterol but Not Simple Visceral Obesity.2012Digestion. 2012 Sep 5;86(3):228-237.Fujikawa Y, Tominaga K, Fujii H, Machida H, Okazaki H, Yamagami H, Tanigawa T, Watanabe K, Watanabe T, Fujiwara Y, Matsuura T, Kawada N, Arakawa T.
The Usefulness of Double-balloon Enteroscopy in Gastrointestinal Stromal Tumors of the Small Bowel with Obscure Gastrointestinal Bleeding.2012Intern Med. 2012;51(19):2675-82Nakatani M, Fujiwara Y, Nagami Y, Sugimori S, Kameda N, Machida H, Okazaki H, Yamagami H, Tanigawa T, Watanabe K, Watanabe T, Tominaga K, Noda E, Maeda K, Ohsawa M, Wakasa K, Hirakawa K, Arakawa T.
Clinical symptoms of FSSG in gastroesophageal reflux disease are critical for PPI treatment: Japanese multi-centers with 185 patients.2012Dig Endosc. 2012 Nov;24(6):407-411.Komatsu-Tanaka M, Iwakiri R, Fujimoto K, Fujiwara Y, Inamori M, Tanaka J, Shimatani T, Akiyama J, Ando T, Manabe N, Kinjo F, Deguchi R, Kusano M.
A Multicenter Study on the Prevalence of Eosinophilic Esophagitis and PPI-Responsive Esophageal Eosinophilic Infiltration.2012Intern Med. 2012;51(23):3235-9.Fujiwara Y, Sugawa T, Tanaka F, Tatsuwaki H, Okuyama M, Hayakawa T, Yamamori K, Wada R, Ohtani K, Uno H, Tanigawa T, Watanabe Y, Tominaga K, Watanabe T, Takaishi O, Saeki Y, Nebiki H, Oshitani N, Sato H, Arakawa T.
Cytoglobin may be involved in the healing process of gastric mucosal injuries in the late phase without angiogenesis.2013Dig Dis Sci. 2013 Jan 10. [Epub ahead of print]Tanaka F, Tominaga K, Sasaki E, Sogawa M, Yamagami H, Tanigawa T, Shiba M, Watanabe K, Watanabe T, Fujiwara Y, Kawada N, Yoshizato K, Arakawa T.
Risk factors for severe nonsteroidal anti-inflammatory drug-induced small intestinal damage.2013Dig Liver Dis, in pressWatanabe T, Tanigawa T, Nadatani Y, Nagami Y, Sugimori S, Okazaki H, Yamagami H, Watanabe K, Tominaga K, Fujiwara Y, Koike T, Arakawa T.
Relation between bile acid reflux into the stomach and the risk of atrophic gastritis and intestinal metaplasia: A multicenter study of 2283 cases.2013Dig Endosc., in press.Matsuhisa T, Arakawa T, Watanabe T, Tokutomi T, Sakurai K, Okamura S, Chono S, Kamada T, Sugiyama A, Fujimura Y, Matsuzawa K, Ito M, Yasuda M, Ota H, Haruma K.
Precise endoscopic and pathologic features in a Crohn’s Disease case with two fistula-associated small bowel adenocarcinomas complicated by anal canal adenocarcinoma.2013Intern Med. 2013;52(24):445-449Mitsue Sogawa, Kenji Watanabe, Yutaro Egashira, Kiyoshi Maeda, Kenichi Morimoto, Atsushi Noguchi, Noriko Kamata, Hirokazu Yamagami, Toshio Watanabe, Kazunari Tominaga, Yasuhiro Fujiwara, Nobuhide Oshitani, Tetsuo Arakawa
Endoscopic radial incision and cutting method for refractory esophageal stricture after endoscopic submucosal dissection of superficial esophageal carcinoma.2013Dig Endosc. 2013 Mar;25(2):200-3Minamino H, Machida H, Tominaga K, Sugimori S, Okazaki H, Tanigawa T, Yamagami H, Watanabe K, Watanabe T, Fujiwara Y, Arakawa T.
Clinical Classification of Subgroups According to the Rome III Criteria Cannot be Used to Distinguish the Associated Respective Pathophysiology in Japanese Patients with Functional Dyspepsia2013Intern Med. In pressOchi M, Tominaga K, Tanaka F, Tanigawa T, Yamagami H, Watanabe K, Watanabe T, Fujiwara Y, Arakawa T
Rebamipide inhibits indomethacin-induced small intestinal injury: Possible involvement of intestinal microbiota modulation by upregulation of α-defensin 5.2013Eur J Pharmacol. 2013 Feb 18.[Epub ahead of print]Tanigawa T, Watanabe T, Otani K, Nadatani Y, Ohkawa F, Sogawa M, Yamagami H, Shiba M, Watanabe K, Tominaga K, Fujiwara Y, Takeuchi K, Arakawa T.
A study of the changes in the cause of peptic ulcer bleeding.

2012World J Gastrointest Endosc. 2012 Jul 16;4(7):323-7.Fujinami H, Kudo T, Hosokawsa A, Ogawa K, Miyazaki T, Nishikawa J, Kajiura S, Ando T, Ueda A, Sugiyama T.
A comparative study of single-incision versus conventional multiport laparoscopic ileocecal resection for Crohn's disease with strictures.2012Asian J Endosc Surg. 2012;5(3):118-22.Maeda K, Noda E, Nagahara H, Inoue T, Takii M, Watanabe K, Yamagami H, Sogawa M, Kamata N, Hirakawa K.
(原著論文:和文)
著書、学術論文等の名称発表発行所、発表雑誌等
または発表学会等の
名称、雑誌等の巻・頁
著  者  名
プライマリーケアにおけるNERDの診断と治療-過去3回の大阪GERD研究会におけるアンケート調査結果を踏まえて2012消化器内科55(1):62-69阪口正博、蘆田潔、辻晋吾、森茂生、李栄柱、藤原靖弘、羽生泰樹、梅垣英次、根引浩子、増田栄治、今本治彦、飯石浩康、樋口和秀、岡崎和一、荒川哲男、川野淳
ラットバレット食道発生におけるTh-2サイトカインの役割2012Progress in Medicine(0287-3648)32巻3号 Page556-559木幡 幸恵,?藤原 靖弘,?荒川 哲男
バレット食道発生過程における免疫応答の解明2012Therapeutic Research(0289-8020)33巻5号 Page638-644木幡 幸恵,?藤原 靖弘,?町田 浩久,?岡崎 博俊,?山上 博一,?谷川 徹也,?渡辺 憲治,?渡辺 俊雄,?富永 和作,?荒川 哲男

総説:和文

著書、学術論文等の名称発表発行所、発表雑誌等
または発表学会等の
名称、雑誌等の巻・頁
著  者  名
胸やけ 生涯教育シリーズ-83 消化器疾患診療のすべて.2012日本医師会雑誌 141:48-49荒川哲男
機能性消化器疾患の変遷とその治療 -複合的な症状にどう対応するか:漢方の役割-2011Geriatric Medicine 50(8):965-975河野 透、荒川哲男、鳥羽研二
機能性ディスペプシア(FD)2012消化器の臨床 15;2:117-126富永和作, 荒川哲男
高齢者における知覚異常と機能性消化器疾患の関連2012Geriatric Medicine 50;8:911-918富永和作, 藤川佳子, 田中史生, 十河光栄, 山上博一, 谷川徹也, 斯波将次, 渡辺憲治, 渡辺俊雄, 藤原靖弘, 荒川哲男
プライマリーケアで診る上腹部症状患者の診断・症状に対する実態調査 新規質問紙を用いて2012消化器内科 55;1:12-18富永和作, 宇野裕典, 大谷健二郎, 佐々木英二, 根引浩子, 原順一, 渡辺俊雄, 藤原靖弘, 蝶野慎治, 荒川哲男
FDの診断と治療2012Medical Science Digest 38;12:534-537富永和作, 藤川佳子, 田中史生, 渡辺俊雄, 藤原靖弘, 荒川哲男
消化器疾患に対する漢方医療の実際 (1)慢性胃炎2013臨床消化器内科 28:2: 169-176富永和作, 谷川徹也, 斯波将次, 渡辺俊雄, 藤原靖弘, 荒川哲男
機能性消化管障害(FGID): 診断と治療の進歩 今後期待される薬物療法2013日本内科学会雑誌 102;1:96-104富永和作, 藤川佳子, 田中史生, 十河光栄, 山上博一, 谷川徹也, 斯波将次, 渡辺憲治, 渡辺俊雄, 藤原靖弘, 荒川哲男
ここまでみえるようになった小腸内視鏡検査-小腸用カプセル内視鏡の検査方法-2012Mebio29(2)森本謙一、渡辺憲治、荒川哲男
潰瘍性大腸炎サーベイランスにおけるTri-modal Image-enhanced Endoscopyの有用性2012消化器内視鏡 2012;2(12):1875-1879.渡辺 憲治, 松本 紘子, 鋳谷 成弘, 新藤 正喜, 塚原 卓矢, 萩原 良恵, 森本 謙一, 野口 篤志, 永見 康明, 杉森 聖司, 鎌田 紀子, 十河 光栄, 谷川 徹也, 山上 博一, 富永 和作, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男
活動期潰瘍性大腸炎に対する時間依存性メサラジン製剤ペンタサ錠4,000mg16週継続投与の有用性 Kinki Pentasa 4×4 Study Groupによる多施設共同研究2012Progress in Medicine 2012;32(10):2169-2173.應田 義雄, 松本 譽之, 中村 志郎, 樋田 信幸, 福永 健, 飯室 正樹, 横山 陽子, 荒川 哲男, 渡辺 憲治, 山上 博一, 十河 光栄, 鎌田 紀子, 藤山 佳秀, 安藤 朗, 佐々木 雅也, 辻川 知之, 馬場 重樹, 樋口 和秀, 村野 実之, 井上 拓也, 森田 英次郎, 石田 久美, 川上 研, 北野 厚生
クローン病診療におけるカプセル内視鏡の有用性 パテンシーカプセルの有用性2012Modern Physician 2012;32(7):844-847.渡辺 憲治, 鎌田 紀子, 十河 光栄, 山上 博一, 渡辺 俊雄, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男
IBDにおける画像強調観察(IEE)の有用性と将来展望2012IBD Research 2012;6(2):102-106.渡辺 憲治, 新藤 正喜, 塚原 卓矢, 荻原 良恵, 森本 謙一, 野口 篤志, 永見 康明, 杉森 聖司, 鎌田 紀子, 十河 光栄, 谷川 徹也, 山上 博一, 富永 和作, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男
血便・便潜血・貧血の初療における診断の進め方2012診断と治療       2012;100(6):902-907.萩原 良恵, 渡辺 憲治, 山上 博一, 藤原 靖弘, 荒川 哲男
クローン病に対する治療目標の変化 粘膜治癒・deep remission2012Medical Practice 2012;29(7):1165-1167.渡辺 憲治, 山上 博一, 荒川 哲男
炎症性腸疾患はなぜ、増えているのか? 疫学と環境因子2012Medical Practice 2012;29(7):1119-1120.大藤 さとこ, 渡辺 憲治, 廣田 良夫
大腸用カプセル内視鏡2012臨床消化器内科 2012;27(6):697-701.渡辺 憲治, 鎌田 紀子, 十河 光栄, 谷川 徹也, 山上 博一, 富永 和作, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男
カプセル内視鏡の位置づけ 現状と将来展望(適応・禁忌も含めて)2012消化器内視鏡 2012;24(2):181-182.渡辺 憲治, 西田 裕, 森本 謙一, 野口 篤志, 杉森 聖司, 鎌田 紀子, 十河 光栄, 町田 浩久, 岡崎 博俊, 谷川 徹也, 山上 博一, 渡辺 俊雄, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

総説:欧文

著書、学術論文等の名称発表発行所、発表雑誌等
または発表学会等の
名称、雑誌等の巻・頁
著  者  名
胸やけ 生涯教育シリーズ-83 消化器疾患診療のすべて.2012日本医師会雑誌 141:48-49荒川哲男
機能性消化器疾患の変遷とその治療 -複合的な症状にどう対応するか:漢方の役割-2011Geriatric Medicine 50(8):965-975河野 透、荒川哲男、鳥羽研二
機能性ディスペプシア(FD)2012消化器の臨床 15;2:117-126富永和作, 荒川哲男
高齢者における知覚異常と機能性消化器疾患の関連2012Geriatric Medicine 50;8:911-918富永和作, 藤川佳子, 田中史生, 十河光栄, 山上博一, 谷川徹也, 斯波将次, 渡辺憲治, 渡辺俊雄, 藤原靖弘, 荒川哲男
プライマリーケアで診る上腹部症状患者の診断・症状に対する実態調査 新規質問紙を用いて2012消化器内科 55;1:12-18富永和作, 宇野裕典, 大谷健二郎, 佐々木英二, 根引浩子, 原順一, 渡辺俊雄, 藤原靖弘, 蝶野慎治, 荒川哲男
FDの診断と治療2012Medical Science Digest 38;12:534-537富永和作, 藤川佳子, 田中史生, 渡辺俊雄, 藤原靖弘, 荒川哲男
消化器疾患に対する漢方医療の実際 (1)慢性胃炎2013臨床消化器内科 28:2: 169-176富永和作, 谷川徹也, 斯波将次, 渡辺俊雄, 藤原靖弘, 荒川哲男
機能性消化管障害(FGID): 診断と治療の進歩 今後期待される薬物療法2013日本内科学会雑誌 102;1:96-104富永和作, 藤川佳子, 田中史生, 十河光栄, 山上博一, 谷川徹也, 斯波将次, 渡辺憲治, 渡辺俊雄, 藤原靖弘, 荒川哲男
ここまでみえるようになった小腸内視鏡検査-小腸用カプセル内視鏡の検査方法-2012Mebio29(2)森本謙一、渡辺憲治、荒川哲男
潰瘍性大腸炎サーベイランスにおけるTri-modal Image-enhanced Endoscopyの有用性2012消化器内視鏡 2012;2(12):1875-1879.渡辺 憲治, 松本 紘子, 鋳谷 成弘, 新藤 正喜, 塚原 卓矢, 萩原 良恵, 森本 謙一, 野口 篤志, 永見 康明, 杉森 聖司, 鎌田 紀子, 十河 光栄, 谷川 徹也, 山上 博一, 富永 和作, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男
活動期潰瘍性大腸炎に対する時間依存性メサラジン製剤ペンタサ錠4,000mg16週継続投与の有用性 Kinki Pentasa 4×4 Study Groupによる多施設共同研究2012Progress in Medicine 2012;32(10):2169-2173.應田 義雄, 松本 譽之, 中村 志郎, 樋田 信幸, 福永 健, 飯室 正樹, 横山 陽子, 荒川 哲男, 渡辺 憲治, 山上 博一, 十河 光栄, 鎌田 紀子, 藤山 佳秀, 安藤 朗, 佐々木 雅也, 辻川 知之, 馬場 重樹, 樋口 和秀, 村野 実之, 井上 拓也, 森田 英次郎, 石田 久美, 川上 研, 北野 厚生
クローン病診療におけるカプセル内視鏡の有用性 パテンシーカプセルの有用性2012Modern Physician 2012;32(7):844-847.渡辺 憲治, 鎌田 紀子, 十河 光栄, 山上 博一, 渡辺 俊雄, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男
IBDにおける画像強調観察(IEE)の有用性と将来展望2012IBD Research 2012;6(2):102-106.渡辺 憲治, 新藤 正喜, 塚原 卓矢, 荻原 良恵, 森本 謙一, 野口 篤志, 永見 康明, 杉森 聖司, 鎌田 紀子, 十河 光栄, 谷川 徹也, 山上 博一, 富永 和作, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男
血便・便潜血・貧血の初療における診断の進め方2012診断と治療       2012;100(6):902-907.萩原 良恵, 渡辺 憲治, 山上 博一, 藤原 靖弘, 荒川 哲男
クローン病に対する治療目標の変化 粘膜治癒・deep remission2012Medical Practice 2012;29(7):1165-1167.渡辺 憲治, 山上 博一, 荒川 哲男
炎症性腸疾患はなぜ、増えているのか? 疫学と環境因子2012Medical Practice 2012;29(7):1119-1120.大藤 さとこ, 渡辺 憲治, 廣田 良夫
大腸用カプセル内視鏡2012臨床消化器内科 2012;27(6):697-701.渡辺 憲治, 鎌田 紀子, 十河 光栄, 谷川 徹也, 山上 博一, 富永 和作, 渡辺 俊雄, 藤原 靖弘, 荒川 哲男
カプセル内視鏡の位置づけ 現状と将来展望(適応・禁忌も含めて)2012消化器内視鏡 2012;24(2):181-182.渡辺 憲治, 西田 裕, 森本 謙一, 野口 篤志, 杉森 聖司, 鎌田 紀子, 十河 光栄, 町田 浩久, 岡崎 博俊, 谷川 徹也, 山上 博一, 渡辺 俊雄, 富永 和作, 藤原 靖弘, 荒川 哲男

症例報告:和文

著書、学術論文等の名称発表発行所、発表雑誌等
または発表学会等の
名称、雑誌等の巻・頁
著  者  名
十二指腸原発sarcomatoid carcinoma (undifferentiated carcinoma, sarcomatoid type)の1例2011日本消化器病学会雑誌 2012 Feb;109(2):217-23.勝部智也、渡邊芳久, 半野田理恵, 梅田修吾, 和田力門, 高橋亮, 小林庸次, 荒川哲男
上部消化管内視鏡検査中に広範囲に胃粘膜裂創を来した胃サルコイドーシスの1例2013Gastroenterol Endosc in press大林倫子 富永和作 福永周生 永見康明 杉森聖司 谷川徹也 斯波将次 渡辺俊雄 藤原靖弘 大澤政彦  荒川哲男
チオプリン製剤投与により急性膵炎を発症した炎症性腸疾患の2例2012日本消化器病学会雑誌(0446-6586)109巻2号 Page224-230(2012.02)西川 潤, 工藤 俊彦, 宮嵜 孝子, 三原 弘, 植田 亮, 安藤 孝将, 梶浦 新也, 藤浪 斗, 小川 浩平, 細川 歩, 杉山 敏郎

症例報告:欧文

著書、学術論文等の名称発表発行所、発表雑誌等
または発表学会等の
名称、雑誌等の巻・頁
著  者  名
Complete remission of protein-losing gastroenteropathy associated with Sj?gren syndrome by B cell-targeted therapy with rituximab2012Am J Gastroenterol. 2012 Aug;107(8):1266-8.Uraoka Y, Tanigawa T, Watanabe K, Machida H, Okazaki H, Yamagami H, Watanabe K, Tominaga K, Watanabe T, Fujiwara Y, Arakawa T.

その他

著書、学術論文等の名称発表発行所、発表雑誌等
または発表学会等の
名称、雑誌等の巻・頁
著  者  名
「見えない消化管疾患」を診る 消化器の愁訴と漢方2013Medicament News 2115: 10-12富永和作, 荒川哲男
消化器BOOK 082012効果的に使う!消化器の治療薬 医局紹介 p186-187, 羊土社富永和作、荒川哲男

START TYPING AND PRESS ENTER TO SEARCH