業績 – 平成22年(2010年)

平成22年(2010年)の業績一覧

著書:和文

著書、学術論文等の名称
発表
発行所、発表雑誌等
または発表学会等の
名称、雑誌等の巻・頁
著者名
第1章症状・症候 胸やけ2010今日の消化器疾患治療指針第3版 Page35-37藤原靖弘
第1部薬剤編 1)消化管疾患薬 6.粘膜防御因子増強薬2010消化器治療薬の選び方・使い方 Page40-44藤原靖弘、荒川哲男
第2章各論 Dその他の病変 2門脈圧亢進症2010どう診る?小腸疾患ー診断から治療まで永見康明、藤原靖弘,荒川哲男
第2章各論 A炎症性病変 3細菌感染性小腸炎2010どう診る?小腸疾患ー診断から治療まで細見周平、谷川徹也、荒川哲男
第Ⅱ章 感染性腸炎 7.サイトメガロウイルス腸炎(潰瘍性大腸炎に併発)2010炎症性腸疾患 鑑別診断アトラス細見周平、渡辺憲治
第2部疾患編 1)消化管疾患 5.小腸潰瘍 症例腸管Behcet病2010消化器治療薬の選び方・使い方 Page169-172山上博一、渡辺憲治、荒川哲男
Ⅲ. 病棟編 6-4) 真菌感染症2011レジデント・コンパス 消化器病編 第3版 Page223-224大谷恒史
レジデントコンパス消化器病編2011鈴木秀和 渡辺俊雄 佐々木誠人(監修)
プロスタグランジン製剤2010消化器治療薬の選び方・使い方 Page谷川徹也、荒川 哲男
第2部疾患編 1)消化管疾患 3.機能性ディスペプシア(慢性胃炎)2010消化器治療薬の選び方・使い方 Page155-160越智正博 富永和作 荒川哲男
第2章各論 A炎症性病変 12血管炎関連の小腸病変2010どう診る?小腸疾患ー診断から治療まで越智正博 町田浩久 荒川哲男
I プライマリケア編 10外来で遭遇する症状・疾患 2)機能性ディスペプシア(FD)

2010レジデント・コンパス 消化器病変 第3版p53-54越智正博
重度の下痢2010重篤副作用疾患別対応マニュアル第4集   日本医薬情報センター、121-136千葉 勉、松本誉之、樋口和秀、安藤 朗、久松理一、渡辺憲治
サイトメガロウイルス(潰瘍性大腸炎に併発)2010炎症性腸疾患鑑別診断アトラス       赤松泰次、斉藤裕輔、清水誠冶、編集:南江堂、東京:56-59細見周平、渡辺憲治
炎症性腸疾患2010カプセル内視鏡スタンダードテキスト    寺野 彰、監修:榊 信廣、中村哲也、編集:南江堂、東京:42-45渡辺憲治、荒川哲男
小腸出血のアルゴリズム2010どう診る?小腸疾患-診断から治療まで   上西紀夫、監修:荒川哲男、中島 淳、藤本一眞、松橋信行、編集:診断と治療社、東京:10-15亀田夏彦、渡辺憲治、荒川哲男
カプセル内視鏡2010どう診る?小腸疾患-診断から治療まで   上西紀夫、監修:荒川哲男、中島 淳、藤本一眞、松橋信行、編集:診断と治療社、東京:38-43森本謙一、渡辺憲治、荒川哲男
小腸カプセルの画像強調観察2010画像強調観察による内視鏡診断アトラス   丹羽寛文、監修:田尻久雄、田中信冶、加藤元嗣、斉藤 豊、編集:日本メディカルセンター、東京:326-327渡辺憲治
偽膜性腸炎/CDIに対処する(治療と予防のアウトライン)2011ここが知りたい!!偽膜性腸炎/CDI      松井敏幸、鈴木康夫、大路 剛、編集:文光堂、東京:99-104鎌田紀子、渡辺憲治
クローン病 Strategy 22011炎症性腸疾患を日常診療で診る       日比紀文、久松理一、企画:羊土社、東京:196-199渡辺憲治、山上博一

原著論文:和文

著書、学術論文等の名称
発表
発行所、発表雑誌等
または発表学会等の
名称、雑誌等の巻・頁
著者名
GERDと喘息の相互関連についての基礎的検討2009潰瘍(0916-3301)36巻1号 Page13-16藤原靖弘, 須川貴史, 谷川徹也, 渡辺俊雄, 富永和作, 荒川哲男
炎症性腸疾患と大腸癌以外の出血をきたす各種腸疾患の画像上の鑑別診断と治療 薬剤性腸炎(NSAIDによる小腸病変)2010Intestine 14巻1号 Page42-46山上博一, 鎌田紀子, 十河光栄, 渡辺憲治, 渡辺俊雄, 富永和作, 藤原靖弘, 押谷伸英, 荒川哲男

出血性小腸疾患の診断 腫瘍および腫瘍様病変2010胃と腸 45巻3号 Page363-370山上博一, 森本謙一, 細見周平, 中谷雅美, 高塚正樹, 亀田夏彦, 鎌田紀子, 町田浩久, 岡崎博俊, 十河光栄, 谷川徹也, 渡辺憲治, 渡辺俊雄, 富永和作, 藤原靖弘, 荒川哲男
NSAID起因性小腸病変の内視鏡診断と鑑別疾患2011胃と腸 46巻2号 Page156-160山上博一、亀田夏彦、鎌田紀子、十河光栄、町田浩久、岡崎博俊、谷川徹也、渡辺憲治、渡辺俊雄、富永和作、藤原靖弘、荒川哲男
NSAIDs起因性小腸潰瘍における腸内細菌の役割とprobioticsの予防効果に関する基礎的検討2010Ulcer Research 37: p12-14渡辺俊雄, 谷川徹也, 山上博一、岡崎博俊、渡辺憲治、富永和作, 藤原靖弘, 荒川哲男
NSAIDと抗リウマチ薬の併用における小腸傷害発症の頻度2010Salvus Vol 4 No1渡辺俊雄
NSAIDs・アスピリンによる粘膜傷害のマネージメントー小腸。マネージメントの実際2010消化器の臨床 13: 169-173渡辺俊雄 谷川徹也 岡崎博俊 町田浩久 山上博一 渡辺憲治 富永和作 藤原靖弘 荒川哲男
NSAIDおよび低用量アスピリン製剤による消化管粘膜傷害のリスクとマネージメント2010大阪府内科医会会誌 19: 1-6渡辺俊雄 
特集:アスピリンとNSAID併用による消化管粘膜傷害。NSAIDと抗リウマチ薬の併用における小腸傷害の発症頻度2010消化器内科 51: 36-40渡辺俊雄 谷川徹也 永見康明 杉森聖司 町田浩久 岡崎博俊 山上博一 渡辺憲治 富永和作 藤原靖弘 荒川哲男
特集:見えてきた小腸病変。②薬剤起因性病変:アスピリンを含む抗血小板薬2010G.I. Research、18: p33-38渡辺俊雄 杉森聖司 永見康明 町田浩久 岡崎博俊 山上博一 谷川徹也 渡辺憲治 富永和作 藤原靖弘 荒川哲男
Helicobacter pylori胃炎の病態におけるIL-17Aの役割2011Progress in Medicine 31(3)大谷恒史、渡辺俊雄、谷川徹也、町田浩久、岡崎博俊、山上博一、渡辺憲治、富永和作、藤原靖弘、荒川哲男
高齢者胃潰瘍の概念と臨床像(特集 高齢者胃潰瘍 総論)2010日本臨床 第68巻・第11号久保(梶)牧子、谷川徹也、町田浩久、岡崎博俊、山上博一、渡辺憲治、渡辺俊雄、富永和作、荒川哲男
逆流症状のオーバーラップは,完全主義気質と関連しディスペプシア症状を増強させる?2010消化器心身医学(1340-8844)17巻1号page44-49越智正博 富永和作 池谷俊哉 町田浩久 岡崎博俊 山上博一 谷川徹也 渡辺憲治 渡辺俊雄 藤原靖弘 押谷伸英 切池信夫 荒川哲男
腹膜転移を伴う高度進行・再発胃癌におけるS-1+Paclitaxel併用療法のFeasibility試験(OGSG0401)2010癌と化学療法 37巻1号 Page151-155木村豊、町田浩久、藤谷和正、山本守敏、富永和作、矢野浩司、下川敏雄、滝内比呂也、辻仲利政、古川洋

原著論文:欧文

著書、学術論文等の名称
発表
発行所、発表雑誌等
または発表学会等の
名称、雑誌等の巻・頁
著者名
Expression of LYVE-1 in sinusoidal endothelium is reduced in chronically inflamed human livers2010J Gastroenterol. 2010 Mar;45(3):317-25.Arimoto J, Ikura Y, Suekane T, Nakagawa M, Kitabayashi C, Iwasa Y, Sugioka K, Naruko T, Arakawa T, Ueda M.
Reduction of 15-hydroxyprostaglandin dehydrogenase expression is an independent predictor of poor survival associated with enhanced cell proliferation in gastric adenocarcinoma.

2010Cancer Sci. 2010 Feb;101(2):550-8.Tatsuwaki H, Tanigawa T, Watanabe T, Machida H, Okazaki H, Yamagami H, Shiba M, Watanabe K, Tominaga K, Fujiwara Y, Oshitani N, Muguruma K, Sawada T, Hirakawa K, Higuchi K, Arakawa T.

Leptin promotes gastric ulcer healing via upregulation of vascular endothelial growth factor.

2010Digestion. 2010;81(2):86-95.Tanigawa T, Watanabe T, Otani K, Nadatani Y, Machida H, Okazaki H, Yamagami H, Watanabe K, Tominaga K, Fujiwara Y, Oshitani N, Higuchi K, Arakawa T.

Sleep dysfunction in Japanese patients with gastroesophageal reflux disease: prevalence, risk factors, and efficacy of rabeprazole.

2010Digestion. 2010;81(3):135-41.Fujiwara Y, Kohata Y, Kaji M, Nebiki H, Yamasaki T, Sasaki E, Hayakawa T, Machida H, Tanigawa T, Watanabe K, Watanabe T, Tominaga K, Arakawa T.

Bile acids induce cdx2 expression through the farnesoid x receptor in gastric epithelial cells.

2010J Clin Biochem Nutr. 2010 Jan;46(1):81-6.Xu Y, Watanabe T, Tanigawa T, Machida H, Okazaki H, Yamagami H, Watanabe K, Tominaga K, Fujiwara Y, Oshitani N, Arakawa T.

Wireless capsule endoscopy in pediatric patients: the first series from Japan.

2010J Gastroenterol. 2010 Jul;45(7):683-91.Tokuhara D, Watanabe K, Okano Y, Tada A, Yamato K, Mochizuki T, Takaya J, Yamano T, Arakawa T.



Photodynamic diagnosis of endoscopically invisible flat dysplasia in patients with ulcerative colitis by visualization using local 5-aminolevulinic acid-induced photosensitization.

2010Gastrointest Endosc. 2010 May;71(6):1094-6.Watanabe K, Hida N, Ajioka Y, Hori K, Kamata N, Sogawa M, Yamagami H, Tominaga K, Watanabe T, Fujiwara Y, Matsumoto T, Arakawa T.

Phenotypic change and accumulation of smooth muscle cells in strictures in Crohn's disease: relevance to local angiotensin II system.

2010J Gastroenterol. 2010 Aug;45(8):821-30.Suekane T, Ikura Y, Watanabe K, Arimoto J, Iwasa Y, Sugama Y, Kayo S, Sugioka K, Naruko T, Maeda K, Hirakawa K, Arakawa T, Ueda M.

Prevalence of overlaps between GERD, FD and IBS and impact on health-related quality of life.

2010J Gastroenterol Hepatol. 2010 Jun;25(6):1151-6.
Kaji M, Fujiwara Y, Shiba M, Kohata Y, Yamagami H, Tanigawa T, Watanabe K, Watanabe T, Tominaga K, Arakawa T.

Sofalcone, a gastroprotective drug, promotes gastric ulcer healing following eradication therapy for Helicobacter pylori: a randomized controlled comparative trial with cimetidine, an H2-receptor antagonist.

2010J Gastroenterol Hepatol. 2010 May;25 Suppl 1:S155-60.
Higuchi K, Watanabe T, Tanigawa T, Tominaga K, Fujiwara Y, Arakawa T.

Increased numbers of immature plasma cells in peripheral blood specifically overexpress chemokine receptor CXCR3 and CXCR4 in patients with ulcerative colitis.

2010Clin Exp Immunol. 2010 Nov 19.Hosomi S, Oshitani N, Kamata N, Sogawa M, Okazaki H, Tanigawa T, Yamagami H, Watanabe K, Tominaga K, Watanabe T, Fujiwara Y, Maeda K, Hirakawa K, Arakawa T.

Kubo M, Fujiwara Y, Shiba M, Kohata Y, Yamagami H, Tanigawa T, Watanabe K, Watanabe T, Tominaga K, Arakawa T.

Differences between risk factors among irritable bowel syndrome subtypes in Japanese adults.
2010Neurogastroenterol Motil. 2010 Dec 1.Kubo M, Fujiwara Y, Shiba M, Kohata Y, Yamagami H, Tanigawa T, Watanabe K, Watanabe T, Tominaga K, Arakawa T.

Rebamipide, a mucoprotective drug, inhibits NSAIDs-induced gastric mucosal injury: possible involvement in the downregulation of 15-hydroxyprostaglandin dehydrogenase

2011J Clin Biochem Nutr. In pressTetsuya Tanigawa, Toshio Watanabe, Fumikazu Ohkawa, Yuji Nadatani, Koji Otani, Hirohisa Machida, Hirotoshi Okazaki, Hirokazu Yamagami, Kenji Watanabe, Kazunari Tominaga, Yasuhiro Fujiwara, Koji Takeuchi, Tetsuo Arakawa
Effect and Safety of Granulocyte-Monocyte
Adsorption Apheresis for Patients with
Ulcerative Colitis Positive for Cytomegalovirus in Comparison with Immunosuppressants
2011Digestion 2011;84:3-9Takuya Yoshino, Hiroshi Nakase, Minoru Matsuura, Kayoko Matsumura, Yusuke Honzawa,Takumi Fukuchi, Kenji Watanabe, Mitsuyuki Murano, Tomoyuki Tsujikawa, Ken Fukunaga, Takayuki Matsumoto, Tsutomu Chiba
Endoscopic differential diagnosis between ulcerative colitis-associated neoplasia and sporadic neoplasia in surveillance colonoscopy using narrow band imaging2010Digestive Endsocopy 2011;23: in pressKenji Watanabe, Mitsue Sogawa, Hirokazu Yamagami, Jun Watanabe, Yoichi Ajioka, Tetsuo Arakawa
Role of Th-2 Cytokines in the Development of Barrett’s Esophagus in
Rats
2011Journal of Gastroenterology in press
Fujiwara Y, Kohata Y, Machida H, Okazaki H, Tanigawa T, Yamagami H,
Watanabe K, Watanabe T, Tominaga K, Wei M, Wanibuchi H, Arakawa T.

総説:和文

著書、学術論文等の名称
発表
発行所、発表雑誌等
または発表学会等の
名称、雑誌等の巻・頁
著者名
PPI長期維持療法におけるGERD症状発現と生活習慣関連因子の関連2010消化器内科50(3):206-10藤原靖弘、木幡幸恵、梶牧子、谷川徹也、山上博一、渡辺憲治、渡辺俊雄、富永和作、荒川哲男
GERDの長期経過と維持療法の行い方2010消化器の臨床13(4):440-444藤原靖弘、谷川徹也、山上博一、渡辺憲治、渡辺俊雄、富永和作、荒川哲男
腸上皮細胞におけるendothelinの発現とその解析法2010分子消化器病 7(4): 71(383)-75(387)大谷恒史、渡辺俊雄、末包剛久、谷川徹也、山上博一、渡辺憲治、富永和作、藤原靖弘、荒川哲男
Gastroesophagial Flap valveからみたFunctional Dyspepsia患者の胃運動機能評価2010消化器内科51(5):500-503越智正博 富永和作 町田浩久 岡崎博俊 谷川徹也 山上博一 渡辺憲治 渡辺俊雄 藤原靖弘 荒川哲男
カプセル内視鏡による炎症性腸疾患の診断2010消化器内視鏡     22(3):323-328渡辺憲治, 細見周平, 塚原卓矢, 渡部公彦, 新藤正喜, 伊藤良恵, 森本謙一, 高塚正樹, 亀田夏彦, 鎌田紀子, 十河光栄, 町田浩久, 岡崎博俊, 谷川徹也, 山上博一, 渡辺俊雄, 富永和作, 藤原靖弘, 荒川哲男

十二指腸・小腸の画像診断 小腸の内視鏡診断(カプセル内視鏡とバルーン内視鏡)2010臨床消化器内科    25(7):838-843渡辺憲治, 亀田夏彦, 鎌田紀子, 十河光栄, 岡崎博俊, 山上博一, 渡辺俊雄, 富永和作, 藤原靖弘, 荒川哲男
IBD診療におけるカプセル内視鏡検査の最前線2010IBD Research 4(3):247-251渡辺憲治, 塚原卓矢, 新藤正喜, 渡部公彦, 伊藤良恵, 森本謙一, 細見周平, 亀田夏彦, 鎌田紀子, 十河光栄, 町田浩久, 岡崎博俊, 谷川徹也, 山上博一, 渡辺俊雄, 富永和作, 藤原靖弘, 荒川哲男
診療の進歩 出血性病変 顕性2011日本内科学会雑誌   100(1):58-64渡辺憲治, 鎌田紀子, 十河光栄, 亀田夏彦, 谷川徹也, 山上博一, 渡辺俊雄, 富永和作, 藤原靖弘, 荒川哲男
炎症性腸疾患診断におけるカプセル内視鏡の意義2011Mebio  28(3)69-75          渡辺憲治、山上博一、荒川哲男
セロトニン受容体からみた機能性ディスペプシアへのアプローチ-脳腸相関を考慮した治療戦略の提唱-2010Pharma Medica 28, 4: 157-164三輪洋人、金子宏、富永和作
女性性に配慮した過敏性腸症候群の診察2010日本心療内科学会誌 14, 2: 112-117森村美奈、今中基晴、渡辺公彦、吉村知穂、衣畑成紀、富永和作、津村圭、廣橋一裕、石河修
腹部症状発現メカニズム解明への臨床的アプローチ.胃酸・ピロリ菌と腹部症状
2011Modern Physician 31(3):308-310木幡幸恵,富永和作、町田浩久,岡崎博俊,谷川徹也、山上博一、渡辺憲治、
渡辺俊雄、藤原靖弘、荒川哲男

多チャンネル食道インピーダンス-pHモニタリングを用いた難治性NERDの病態
と治療戦略
2011消化器内科 52(4)
木幡幸恵,藤原靖弘,荒川哲男

総説:欧文

著書、学術論文等の名称
発表
発行所、発表雑誌等
または発表学会等の
名称、雑誌等の巻・頁
著者名
Gastrointestinal bleeding after percutaneous coronary intervention.

2010Digestion. 2011;83(3):153-60.Tanigawa T, Watanabe T, Nadatani Y, Otani K, Machida H, Okazaki H, Yamagami H, Watanabe K, Tominaga K, Fujiwara Y, Arakawa T.

症例報告:和文

著書、学術論文等の名称
発表
発行所、発表雑誌等
または発表学会等の
名称、雑誌等の巻・頁
著者名
表面隆起型早期癌2010画像強調観察による内視鏡診断アトラス
丹羽寛文
監修:田尻久雄、田中信冶、加藤元嗣、斉藤 豊
編集:日本メディカルセンター
東京:233-235
渡辺憲治、町田浩久、永見康明
UC関連dysplasia2010画像強調観察による内視鏡診断アトラス
丹羽寛文
監修:田尻久雄、田中信冶、加藤元嗣、斉藤 豊
編集:日本メディカルセンター
東京254-256
渡辺憲治、十河光栄、味岡洋一、渡辺憲治、西下正和
Colitic cancer/dysplasia (1)2010スキルアップ大腸内視鏡
田中信冶
編集:中外医学社
東京:258-261
渡辺憲治、山上博一、西下正和

症例報告:欧文

著書、学術論文等の名称発表発行所、発表雑誌等
または発表学会等の
名称、雑誌等の巻・頁
著者名
A case of jejunal choriocarcinoma detected by capsule endoscopy and double-balloon endoscopy.

2010Endoscopy. 2010;42 Suppl 2:E52-3.Suekane T, Oshitani N, Okazaki H, Maeda K, Ohsawa M, Arakawa T.

Angioleiomyoma of the small intestine detected by double-balloon enteroscopy.

2010Gastrointest Endosc. 2010 Jul;72(1):187-8;Nakatani M, Fujiwara Y, Kameda N, Okazaki H, Watanabe T, Tominaga K, Arakawa T, Noda E, Inoue T, Maeda K, Hirakawa K, Wakasa K.

内視鏡下生検にて診断し得た胃放線菌症の1例2011Gastroenterological Endoscopy(262-269)53巻NO2. (2011.02)南野弘明(大阪市立大学 大学院消化器内科学), 町田浩久, 富永和作, 亀田夏彦, 岡崎博俊, 谷川徹也, 渡辺憲治, 渡辺俊雄, 藤原靖弘, 大澤政彦,荒川哲男

その他

著書、学術論文等の名称発表発行所、発表雑誌等
または発表学会等の
名称、雑誌等の巻・頁
著者名
PPI抵抗性NERDの診断と治療の新展開2010日本消化器病学会雑誌107(4):569-587岩切勝彦、藤原靖弘、河村修、小澤壮治、小村伸朗
抗血小板療法を安全に継続するために知っておくべき最新のエビデンス2010消化器診療86;1-7春間賢、藤原靖弘、福田尚司
IBDと免疫調節剤2010CC Japan 56:30-31渡辺憲治
FDの治療~脳腸相関からみたアプローチ~2010Medicament News 2035, 5-7富永和作、荒川哲男

 

 

START TYPING AND PRESS ENTER TO SEARCH